ワグテールインのブログ Blog of the wagtail inn

野鳥や渡り鳥の絵を展示します。 I display the picture of a wild bird and the migratory bird. 鳥たちについていろいろお話しましょう。 Let's talk about birds in various ways.

※無許可の展示作品の使用はご遠慮下さい。

※Please refrain from the use of the display work ofthe impermissibility.

※展示作品の使用をご希望の場合はメールにてご連絡下さい。

※When you want the use of the display work, please contact me by an email.

※このブログの文章は自動翻訳ソフトで翻訳しています。

※I translate the sentence of this blog by automatic translation software.

表現に問題が有った場合はご容赦ください。
When there isa problem with expression, forgive me.

絵師有斎です。
Bird illustrator Yuusai

今日はいい天気でしたね。
爽やかな秋晴れということでしょうか。
It was fine today.
Will it be the thing called the refreshing clear autumn sky?

akichi01-h300929-05-01



今日の朝、食後急に歯が痛み出し急遽歯科医院に行きました。

その帰り、例の団地の空き地を通ったのですが、どうですこの空、秋の空です。

On the morning of today,
a tooth began to achesuddenly after a meal and went to the dental clinicin a hurry.

I went along the return,the vacant land of the housing complex in question, but am this sky,

autumn sky that how is.



反対側です。
It's the other side.

akichi01-h300929-04-01

抜けんばかりの空です。
歯は痛かったけどいい気持になれました。
そして少し自転車をこいで行くと良いものを見ちゃいました。

It's the sky falling out almost.

Though I had a pain, thetooth was used to a good feeling.

And I have looked at thething which should pedal some bicycles.



それはこれです。
It's this scenery.

suzume0014

雀の集団です。

回りにもっと居て、忙しく飛び回ってました。

あいにくカメラを持ってなかったので Iphone でパチリ。
近づきすぎると逃げてしまうのでこの辺が限界でしょう。

It's the group of sparrows.
I was more around and rushed about busily.
Unfortunately, is Iphone as didn't have a camera; with a click.
As I escape when I get too close, this neighborhood will be a limit.

柵の中は雑草でいっぱいです。

虫も沢山いるでしょうから将に雀にとっても、また、ムクドリや鳩も、そして他の野鳥達にも天国そのものです。

勿論カラスにとってもです。

It's full of weeds in the fence.
Because there will be a lot of insects, also,
it's right heaven itself for gray starling and pigeon and other wild birds for the sparrow.
Of course it, too for a crow.

ノジコです。
Japanese yellow bunting.

nojiko06-200p-cl-01

先月描き上げました。

鳥以外のものはなるべく省いて描かないのですが、何となく枝や葉っぱを描いてしまいました。

この鳥の可愛さについ描いてしまったのでしょう。

I painted it last month.

The thing except the birdomitted it if possible and did not describe it,
but has described a branch anda leaf somehow.

I have described it in the prettinessof this bird carelessly.


この鳥は、ユーラシア大陸東部のインド北部からから中国、ベトナム、台湾などが生息圏です。
南北を夏・冬を行き来する渡り鳥です。

日本のノジコは北海道、本州等に居ます。

アオジに良く似た可愛い鳥です。

詳しくは、ギャラリーにいろいろ書きます。

As for these bird, China,Vietnam, Taiwan are the habitation zone from from the northern part of India ineastern Eurasian Continent. It's a migratory bird coming and going in thenorth and south in summer, winter.

There is the JapaneseJapanese yellow bunting in Hokkaido, Honshu.

It's a cute bird similarto a Japanese bunting.

Specifically, I write it inthe gallery in various ways.


こんばんはここまで、また今度ね。

感想など頂ければ嬉しいです。

 有斎の鳥絵ページは改装工事中です。

近日オープン、しばらくお待ちください。

Good evening to here tillnext time.

Impressions are nice ifthey can have.

 The bird picture page ofYuusai is during remodeling construction.

I open in few days, andwait a minute.


※無許可の展示作品の使用はご遠慮下さい。
Please refrain from the use of the display work ofthe impermissibility.
※展示作品の使用をご希望の場合はメールにてご連絡下さい。
When you want the use of the display work, please contact me by an email.
※このブログの文章は自動翻訳ソフトで翻訳しています。
I translate the sentence of this blog by automatic translation software.
表現に問題が有った場合はご容赦ください。
When there isa problem with expression, forgive me.


鳥絵師有斎です。

Bird illustrator Yuusai.

昨日は夏の思い出ということで椿の実やセミの抜け殻のことを書きましたが、

もう一つ大事なものを忘れていました。

I wrote the cast-off shell of a fruit and the cicada of the camellia concerning asummer memory yesterday, but for got an important thing one more.

 
夕顔です。
bottle gourd.

yu-01-005

朝の散歩の途中でパチリ、涼しげに咲いている夕顔。

夕顔というと朝顔に比べ小ぶりで寂し気な感じなんですが、でもこの夕顔、朝顔に負けないくらい
大きかったです。

The bottle gourd which blooms in the middle of a morning walk coolly with a click.

The bottle gourd was the feeling that died in small size in comparison with a morningglory,
and was mind, but I was no
defeated by this bottle gourd,morning glory and was big.


yu-01-002
チョッと寄ってパチリ。
なかなか立派な夕顔です。
この薄い桃色が何とも良いですね。

Stop by a little; and with a click.
It's a very excellent bottle gourd.
This light pink is very good.

yu-01-003

朝露に濡れた花弁に思わずパチリ。

やっぱり、桃色っていいね。

Don't think on a wet petal to morning dew; with aclick.

After all pink is good.

クジャクサボテン
Epiphyllum

sabohana-01-200p-03-02
そんなわけで、刺激されちゃいました。
普段は花を描くことはないのですが。
よほど頼まれれが別です。

That's why I have been stimulated.
I don't usually draw flowers.
If there is a strong request, it's different.
でも、描いちゃいました。
近所の庭先で今年の暑さに負けんばかりに真っ赤に咲かせていたこの花は「クジャクサボテン」です。
昼下がり、通りがかったりすると赤ではなく黒く見えるほどの濃い赤です。
But I have described it.
This flower which let you bloom red-hot as if you lose heat of this year atneighboring garden is "epiphyllum".
It's dark red as I look black not red when I happen to pass in an earlyafternoon.

夏は濃い色が合うんですね。
A dark color matches in the summer.

こんばんはここまで、また今度ね。
感想など頂ければ嬉しいです。

有斎の鳥絵ページは改装工事中です。
近日オープン、しばらくお待ちください。
Good evening to here till next time.
Impressions are nice if they can have.

The bird picture page of Yuusai is during remodeling construction.
I open in few days, and wait a minute.




※無許可の展示作品の使用はご遠慮下さい。
Please refrain from the use of the display work ofthe impermissibility.
※展示作品の使用をご希望の場合はメールにてご連絡下さい。
When you want the use of the display work, please contact me by an email.
※このブログの文章は自動翻訳ソフトで翻訳しています。
I translate the sentence of this blog by automatic translation software.
表現に問題が有った場合はご容赦ください。
When there is a problem with expression, forgiveme.

鳥絵師有斎です。
Bird illustrator Yuusai.


今年の夏は暑かったですね。

夜明けから暑いので散歩も侭なりません。

This summer was hot.

As it's hot, the walk isnot possible from the daybreak, too.


散歩途中の学校の垣根で撮りました。
I tookit with the fence of the school strolling in.                

tub-01-005
赤茶色にテカッテいるのは椿の実です。
直径が約5cmくらいあったでしょうか。
大きな実です。
所謂、椿油の原料になるんですが、
実は食べれるって聞いたことがあります。
下の葉っぱに茶色いのが二つ見えるの分かりますか?
これ、セミの抜け殻です。
Whatshine in chestnut brown Itis the fruit of the camellia.
Woulda diameter be around 5cm?
It'sa big fruit.
It became the raw materials of so-called camellia oil, but has heard that, infact, I could eat.
Theone which is brown on a lower leaf two of seeing it do understand it?
It's this, the cast-off shell of the cicada.

近寄ってパチリ。
Approach;and with a click.
tub-01-006

1つの葉っぱに二つの抜け殻です。

仲がいいですね。

Approach;and with a click.

It's two cast-off shells on one leaf.

Close.



これは、別のところにあった抜け殻です。
This is the cast-off shell which there was somewhere else.
tub-01-003

チョッと難しく言うとウツセミ「空蝉」です。

まぁ、何ともはかないものです。

 

そう言えば、飛んでるセミを雀が追いかけ

ているのを見たことがあります。

生存競争の厳しさを垣間見ました。

Whenit is slightly difficult and says, it's a depression utusemi「空蝉」.

Oh,I do not vomit at all.

Thatreminds me I have seen a sparrow ran after the cicada which flew.

I had a glimpse of strictness of the struggle for existence.

※utusemi=Japanese old words Cast-off shell of the cicada.



これは、別の処に有った椿の実です。
This is a fruit of the camellia which there was in another place.

tub-01-008
日当たりが良いのか良く熟れてますね。

 まだ、朝まだ気だというのに日差しが強かったです。

It matures well whether the sun is good.

Though I was still still going in the morning, sunlight was strong.


話しが変わりますが、何故ワグテールインなのか?
Astory changes why is it Wagtail?

wag600-100-01c-02

ワグテール(WAGTAIL)は英語でセキレイのことです。

イン(INN)は宿というか旅籠というのでしょうか?

家の近くにセキレイが来ていたのです。

尾羽をトントン叩いて歩く姿が可愛いのでセキレイ、それでワグテールインにしました。

SEKIRE is a wagtail in English.

Is that in (INN) is called a hotel?

A wagtail came near the house.

As the figure which tapped a tail feather, and walked was cute, I did it in wagtail, it in Wagtail.

セキレイの顔の部分です。

これは、ハクセキレイです。

ワグテールインのマークに使ってます。

都心でも見かけることがあります。

注意しているとですが。

It's the part of the face of the wagtail.

This is HAKUSEKIREI(WHITE WAGTAIL).

I spend it for a mark of Wagtail inn.

I may see it in the downtown area.

Attentionit.

 

セキレイは夫婦和合のシンボルでもあるんです。

これから秋の夜長、最初に紹介した空蝉やセキレイのことなどいろいろ読んだり、調べたりするのも一興かも。

The wagtail is a symbol of the couple harmony.

It reads in various ways first a cicada or the thing of the wagtail that it introduced me, and, for long autumnal night, is it having fun from now on thatcheck?


それからもう一つの思い出です。

プルメリアを描いちゃいました。

Then it is another memory.

I drew a frangipani.

puru002-02

これも夏の思い出です。

花の絵は殆んど描かないのですが、クジャクサボテンとプルメリアを描いちゃいました。

クジャクサボテンのことはまた今度書きますが、プルメリアは画力練習で描いたのです。

鳥ばかり描いているので、たまにはいいかなって思って描いちゃいました。

大憧れの田中一村先生の少し真似をしてみました。

This is a summer memory, too.

Most of the flower piece did not describe it, butdrew epiphyllum and a frangipani.

I would write epiphyllum some other time,
but drewthe frangipani by an image power exercise.
As I drew only bird, I sometimes thought whether itwas good and described it.

I did some imitation of Mr. great longed-for IssonTanaka.

こんばんはここまで、また今度ね。

 

感想など頂ければ嬉しいです。

 有斎の鳥絵ページは改装工事中です。

近日オープン、しばらくお待ちください。

Goodevening to here till next time.

 

Impressionsare nice if they can have.

 The bird picture page of Yuusai is during remodeling construction.

I open in few days, and wait a minute.


↑このページのトップヘ